充実した沖縄ライフを体感した1日

私は、習い事で三線を習っています。住んでいるのは沖縄県那覇市。教室は沖縄本島中部のうるま市石川。車で片道1時間くらいです。
本日も那覇からうるま市へ行くことなり、その途中に4月25日にグランドオープンした「イオンモール沖縄ライカム」に行くことにしました。観光ショッピングモールと銘打ってるだけあって、観光バスも多かったです。あと、中国からの観光客目当ての店も多かったです。沖縄観光も今までは、本土の方を狙っていましたが、最近では中国からの観光客を狙ってきているのが伺えます。

さて、中身はというと沖縄にいくつかあるイオンモールが大きくなっただけと想像していましたが、沖縄にはいままでにはなかったお店ばかり。私が気に入ったのは、店名はふせますが、ハンモックカフェでした。沖縄には各地にカフェブームかというくらいカフェがありますが、ハンモックでくつろぎながらのカフェのスタイルは初めてです。ただ、惜しいことに天気は曇り。晴れていれば、最高のロケーションだと思います。

一通り、全部回りたかったのですが三線教室の時間もあったため、半分くらい回ってうるま市へ。
何故、わざわざ那覇にも三線教室が多いのに1時間かけてうるま市まで行くのかと私の友人は言います。元々、独学で三線をやっていて三線やっている方の紹介で良い三線屋があると一緒にいったのがきっかけ。その三線屋が三線屋兼三線教室だったため、その教室で習うことになりました。

三線習っているとは言っても、三線教室には二種類あります。琉球民謡の教室と琉球古典音楽の教室。私が習っているのは琉球古典音楽。琉球古典音楽の教室は、教室ではなく研究所というようですが、ここでは教室と言っておきます。
民謡と古典音楽の違いって?と思われる方もいるかと思います。民謡は民間で流行った音楽に対し、琉球古典音楽は琉球王朝時代の宮廷音楽です。民謡と古典音楽なのか区別がつかない曲もありますが、基本違うジャンルの音楽です。

本日はというか本日も今年8月に開催される琉球古典音楽のコンクールに向けて課題曲「稲まづん節」でした。五穀豊穣を喜んだ歌です。この古典音楽、今までは聞いていた西洋音楽形式の音楽や民謡とは違い、不協和音のオンパレード。三線のメロディーと歌のメロディーが違う状態。それなのに全体が1つにまとまっている不思議な音楽です。

十分練習し那覇へ戻りました。本日はイオンモールで今までは沖縄になかったものを体感し三線も十分に練習し、本当に充実した1日でした。

場所離れすぎでしょ!

私は家で仕事をするいわゆる在宅ワーカーですが、家だとテレビやゲームなどの誘惑が多すぎて仕事が手につかなかったり、ついつい寝転んでしまいお昼寝なんて事も少なくありません。
なので最近、電源や無料Wi-Fiが繋がる場所を探し、そこで作業をする事が増えています。
先日、在宅ワーカー仲間とオシャレな場所を見つけたので行ってきました。
いろんな種類のパンがあり、とても美味しく、コーヒーも100円。
いいところ見つけたと喜んでいましたが、さすがに人気店らしく混んでいるので3~4時間いると悪い気がしてきたので、移動する事にしました。
最近は便利がよく、電源や無料Wi-Fiのスポットをまとめてくれているサイトがあるので、そこで確認。
ゆっくり出来そうな場所を大阪市内で見つけたのでまとめサイトで場所を入念に確認し移動しました。
コストをかけたくないので移動に自転車を使用しているのですが、汗をかきながら30分ほどで到着しました。
あれっ。
住所はあっているのにお店がない。
住所が間違ってるのかなと思い、周りを確認しましたがやっぱり見つかりません。
電話もつながらないし、まさか閉店したのかなと思い、もう一度まとめサイトを見て詳細を確認するため、店のホームページにアクセスしました。
ホームページは存在しましたが、よーく見るとそんなに大きくない字で、
この度、静岡県の浜松に移転しました~お気軽にお立ち寄りくださいと記載。
それは場所離れすぎ~、遠すぎ~半端ない移転の距離にもう爆笑するしかありませんでした。

子供がめいいっぱい遊ぶのは嬉しいけれど…

子供をのびのびと、元気いっぱいに育てたい気持ちはあるのですが、働きながら家事と育児をこなしていると、色々と思うところもあります。

保育園で、泥んこ遊びをして帰って来た時なんて、本当に最悪です。それが、雨の日の翌日だったりすると、土がまだ乾いていないので、洋服や靴など、何もかも汚れてしまいます。そうやって、たくさん遊んで欲しいとも思う反面、家事が増えると嫌なので、私は育児には向いていないのかもしれません。

泥だらけになった洋服は、ハイターに浸け置きして、洗濯をしました。まだ、薄っすら泥が取れていないようにも見えますが、お気に入りの洋服だったので、悲しいです。やはり、保育園にはお気に入りの洋服は、着ていくべきではないと思いました。

また、爪の間に土が詰まっていたりすると、それを舐めたりするので、嫌だなぁという感じです。それを旦那に言っても、子供らしくて良い、君は神経質だと言われるだけです。

私がもっとおおらかにできれば良いのですが、元々潔癖症な部分もあり、なかなか受け入れられずにいます。これも全て、私を育てた母親の影響もあると思います。私の母は、相当な潔癖症なので、その母とずっと一緒にいると、私もそういう性格になってしまいました。

もう少し、大雑把くらいな気持ちで育児ができれば良いなぁと思います。子供の成長も、活発に遊んでくれることも、うれしいことは嬉しいので、心からそう思えるよう、気持ちを改めていきたいです。