儲かっていたはずが結局は衝撃的な損失に

最近、中国市場の影響によって世界的な景気悪化しています。

この中国市場の影響が始まる二週間程度前、知り合いに聞いた証券取引についてです。私は、自分の手持ちの貯金を倍くらいに増やしたいと思っていました。

ちょうど景気も良くなっておりましたし、このまま日経平均も上がっていくものと信じていました。

知り合いは、去年のつぎ込んだお金が倍になったと言っていました。もちろん、宗教やあやしいものではなく、いたって普通の証券取引であり、ただ値動きが少し大きいだけだったので、投資信託も経験がありましたし、その取引を開始しました。

一週間程度で要領を得てきたので、15万円程度儲けることができました。しかし、その一週間後、日経平均ががたっと落ちました。あれよあれよという間に私のつぎ込んだお金が減っていきました。ただ、その時の私はまだ回復すると信じており、損失補てんをするために、最初に投入した資金に追加で資金を投入しました。

何段階か日経平均が下がったところで、この損失補てんはできないと諦め、主人に損失額を報告しました。不幸中の幸いというか、つぎ込むお金は決めていたので、貯金が皆無になることはありませんでしたが、いまだに主人に高級料理に何回行けたかね、と言われます。

そして、主人に言われた言葉がとても説得力がありました。「俺たちは、お金持ちにはなれないよ。」

微笑ましい息子の成長ぶり

わんぱくでイタズラばかりする息子ですが、偉いなぁと感心することも多々あります。もうすぐ1歳半になりますが、教えなくてもできることも多くて、ビックリしています。女の子の方が、発達も早いと聞きますが、男の子だって負けていないと思います。

たとえば、おもちゃ箱をひっくり返して遊んでいた場合、私が叱らなくても、ちゃんと自分で片付けをします。時間はかかりますが、自分なりに決めた定位置のようなものもあるようで、いつも決まった場所に置くようにしています。旦那よりもちゃんとしていると思います。

また、私のシュシュや財布、バッグなどを取られてしまうことが多いので困っています。しかし、私が泣き真似をすると、すぐに返してくれます。それだけではなく、頭をポンポンと叩いて、慰めてくれるのです。

いつも、息子が泣いている時は、私が頭をポンポンと叩いてあげているので、真似しているのだと思います。そんな息子が愛おしく感じています。やっぱり、まだまだ素直で、汚れがなく、私にとっては天使のような存在です。

子供というのは、ワガママな面もありますが、その後にパーッと満面の笑みで笑いかけてくれたりします。そうすると、これまでの怒りは一気におさまるので、とても不思議です。自分を守る術を知っているのかとさえ思ってしまいます。

保育園でも、お友達や先生に、自分のおもちゃを貸してあげる一面もあると聞きました。このまま、心優しい少年に育ってくれることを願っています。

家探しで迷走中

賃貸で部屋探し中です。なかなか気に入る物件に出会えず、完全に迷路にはまってしまったような状況です。

引越しのきっかけは、今住んでいるところの更新が近付いていること、そして、あまりにも長く住んでいるので、気分転換もしたいということなどです。更新のタイミングで、これまでは何度も引越しのチャンスを逃していたので、今度こそは引越しをしようと、かたく決意しています。

通勤時間が長くなることは避けたいので、なるべく会社へのアクセスが便利なところで探しています。会社の場所が、都内でも更に都会にあるので、必然的に家賃相場も高くなってしまいます。

ただ、それでも近さは譲れないんです。毎日のことなので、その近さをお金で買うようなつもりで、少々高くつくことは、覚悟をしています。

そして、次に譲れないのが駅からの近さです。都内でもないのに、駅から徒歩20分くらいかかるところに住んでいる友人なんかもおり、毎日よくやってるなぁと感心してしまいます。私には、絶対にできません。自転車を使えば良いのかもしれませんが、雨の日に左右されるのも嫌ですし、自転車に乗れるような格好を毎日するのも嫌なんです。

また、バストイレ別で、築年数は10年以内、1階ではなく、オートロック付きで、近くにスーパーがあるということも、譲れない条件です。こういった条件を、不動産屋に伝えると、苦笑されてしまいます。しかし、賃貸とはいえ、長く住むつもりでいるので、妥協はしたくありません。

自分でも、毎日のようにパソコンと睨めっこをして、物件を探しています。目に留まる物件があったとしても、すぐに埋まってしまうので、他にも同じような人がいることに驚いています。

また、内見も10件以上行きましたが、何かしら気に入らないポイントがあるのです。打ちっぱなしの壁だったり、15階以上の高層階だったり、バストイレと洗面所が一緒になっていたりなど、様々な理由で契約には至っていません。

もう、いよいよ物件もなくなってきたので、そろそろ決めようと思っています。そのためには、何かしら妥協しようと決めました。

留年や退学をしてしまう学生について思うこと

大学に通っていると、色々な人を見てきました。私は、現役で入学し、四年間で卒業できました。大抵の人はそうだと思います。

しかし、中には何年も留年し、最終的には除籍される学生もいました。親のお金で進学し、勉強もせずにアルバイトで気楽に働いて、ちゃんと卒業できない人というのは、最低だと思います。

そういう学生は、結局最終学歴は高卒になります。普通に高卒の人がストレートで就職するよりも、随分と印象は悪そうな気がします。私が採用担当者だったとしたら、散々親のすねをかじって卒業できなかった人を雇おうとは思いません。

でも、私の周りの中退した人達というのは、区役所勤めをしていたり、税理士になったりした人もいます。その後、改心して資格を取ったり、勉強をした人には、新たな道が開けています。

それでもダメだった人というのは、墜ちるところまで堕ちています。30歳過ぎてもアルバイト生活やニート状態の人もいます。きちんと大学を卒業して、就職活動をしていれば、ちゃんと正社員として働けていたかもしれません。そんな子供のために、学費を払っていた親が可哀想です。

ただ、そういう人の親というのは、最初から甘やかしがある傾向にあります。そもそも、留年をした時点で気付くべきですし、退学に同意するのですから、甘いと思います。だったら、最初から大学になんて行くなと強く思います。

しかも、日本は大学入学は難しいですが、卒業は簡単と言われています。海外は逆です。そんな環境にありながらも、卒業できないなんて、ただの甘えでしかありません。

目的もなく大学に進学する人が多くいますが、親のお金を使っているという自覚に欠けていると思います。

充実した沖縄ライフを体感した1日

私は、習い事で三線を習っています。住んでいるのは沖縄県那覇市。教室は沖縄本島中部のうるま市石川。車で片道1時間くらいです。
本日も那覇からうるま市へ行くことなり、その途中に4月25日にグランドオープンした「イオンモール沖縄ライカム」に行くことにしました。観光ショッピングモールと銘打ってるだけあって、観光バスも多かったです。あと、中国からの観光客目当ての店も多かったです。沖縄観光も今までは、本土の方を狙っていましたが、最近では中国からの観光客を狙ってきているのが伺えます。

さて、中身はというと沖縄にいくつかあるイオンモールが大きくなっただけと想像していましたが、沖縄にはいままでにはなかったお店ばかり。私が気に入ったのは、店名はふせますが、ハンモックカフェでした。沖縄には各地にカフェブームかというくらいカフェがありますが、ハンモックでくつろぎながらのカフェのスタイルは初めてです。ただ、惜しいことに天気は曇り。晴れていれば、最高のロケーションだと思います。

一通り、全部回りたかったのですが三線教室の時間もあったため、半分くらい回ってうるま市へ。
何故、わざわざ那覇にも三線教室が多いのに1時間かけてうるま市まで行くのかと私の友人は言います。元々、独学で三線をやっていて三線やっている方の紹介で良い三線屋があると一緒にいったのがきっかけ。その三線屋が三線屋兼三線教室だったため、その教室で習うことになりました。

三線習っているとは言っても、三線教室には二種類あります。琉球民謡の教室と琉球古典音楽の教室。私が習っているのは琉球古典音楽。琉球古典音楽の教室は、教室ではなく研究所というようですが、ここでは教室と言っておきます。
民謡と古典音楽の違いって?と思われる方もいるかと思います。民謡は民間で流行った音楽に対し、琉球古典音楽は琉球王朝時代の宮廷音楽です。民謡と古典音楽なのか区別がつかない曲もありますが、基本違うジャンルの音楽です。

本日はというか本日も今年8月に開催される琉球古典音楽のコンクールに向けて課題曲「稲まづん節」でした。五穀豊穣を喜んだ歌です。この古典音楽、今までは聞いていた西洋音楽形式の音楽や民謡とは違い、不協和音のオンパレード。三線のメロディーと歌のメロディーが違う状態。それなのに全体が1つにまとまっている不思議な音楽です。

十分練習し那覇へ戻りました。本日はイオンモールで今までは沖縄になかったものを体感し三線も十分に練習し、本当に充実した1日でした。

場所離れすぎでしょ!

私は家で仕事をするいわゆる在宅ワーカーですが、家だとテレビやゲームなどの誘惑が多すぎて仕事が手につかなかったり、ついつい寝転んでしまいお昼寝なんて事も少なくありません。
なので最近、電源や無料Wi-Fiが繋がる場所を探し、そこで作業をする事が増えています。
先日、在宅ワーカー仲間とオシャレな場所を見つけたので行ってきました。
いろんな種類のパンがあり、とても美味しく、コーヒーも100円。
いいところ見つけたと喜んでいましたが、さすがに人気店らしく混んでいるので3~4時間いると悪い気がしてきたので、移動する事にしました。
最近は便利がよく、電源や無料Wi-Fiのスポットをまとめてくれているサイトがあるので、そこで確認。
ゆっくり出来そうな場所を大阪市内で見つけたのでまとめサイトで場所を入念に確認し移動しました。
コストをかけたくないので移動に自転車を使用しているのですが、汗をかきながら30分ほどで到着しました。
あれっ。
住所はあっているのにお店がない。
住所が間違ってるのかなと思い、周りを確認しましたがやっぱり見つかりません。
電話もつながらないし、まさか閉店したのかなと思い、もう一度まとめサイトを見て詳細を確認するため、店のホームページにアクセスしました。
ホームページは存在しましたが、よーく見るとそんなに大きくない字で、
この度、静岡県の浜松に移転しました~お気軽にお立ち寄りくださいと記載。
それは場所離れすぎ~、遠すぎ~半端ない移転の距離にもう爆笑するしかありませんでした。

子供がめいいっぱい遊ぶのは嬉しいけれど…

子供をのびのびと、元気いっぱいに育てたい気持ちはあるのですが、働きながら家事と育児をこなしていると、色々と思うところもあります。

保育園で、泥んこ遊びをして帰って来た時なんて、本当に最悪です。それが、雨の日の翌日だったりすると、土がまだ乾いていないので、洋服や靴など、何もかも汚れてしまいます。そうやって、たくさん遊んで欲しいとも思う反面、家事が増えると嫌なので、私は育児には向いていないのかもしれません。

泥だらけになった洋服は、ハイターに浸け置きして、洗濯をしました。まだ、薄っすら泥が取れていないようにも見えますが、お気に入りの洋服だったので、悲しいです。やはり、保育園にはお気に入りの洋服は、着ていくべきではないと思いました。

また、爪の間に土が詰まっていたりすると、それを舐めたりするので、嫌だなぁという感じです。それを旦那に言っても、子供らしくて良い、君は神経質だと言われるだけです。

私がもっとおおらかにできれば良いのですが、元々潔癖症な部分もあり、なかなか受け入れられずにいます。これも全て、私を育てた母親の影響もあると思います。私の母は、相当な潔癖症なので、その母とずっと一緒にいると、私もそういう性格になってしまいました。

もう少し、大雑把くらいな気持ちで育児ができれば良いなぁと思います。子供の成長も、活発に遊んでくれることも、うれしいことは嬉しいので、心からそう思えるよう、気持ちを改めていきたいです。